06-6437-8506
電話対応
10:00-19:00

後遺障害の種類

  1. 行政書士松浦法務事務所 >
  2. 後遺障害に関する記事一覧 >
  3. 後遺障害の種類

後遺障害の種類

■後遺障害の種類
後遺障害類型の分類は、「労災認定必携」に準拠して定められています。

「目に見えにくい後遺障害」は別にページがありますので、ここでは、目に見える後遺障害で、問題になりやすい症状をいくつか紹介します。

・外貌醜状
外貌醜状とは、頭部・顔面部・頸部など、上肢や下肢以外の部位で日常露出する部分に醜状痕が残った後遺障害のことです。

・脊柱変形
脊柱変形とは、脊椎骨折後、脊柱に変形を残す後遺障害です。

・下肢短縮
下肢短縮とは、下肢の片方の長さが短くなったことにより、身体のバランスが悪くなり、日常生活の動作に問題が生じる後遺障害を言います。

・腓骨の偽関節
腓骨とは、脛骨の隣にある骨のことです。腓骨の偽関節とは、腓骨の骨折部分がくっつかず、異常な可動性のある状態が残り、足関節の変形や亜脱臼、下腿の支持機能の減弱等を生ずる後遺障害です。

行政書士松浦法務事務所では、尼崎市、神戸市、大阪市、京都市を中心に、全国の「交通事故での入院」、「変形障害」、「上肢機能障害・下肢機能障害」など、後遺障害の問題に力を入れて交通事故等のご相談を承っております。後遺症障害・異議申し立て専門の行政書士が丁寧に対応いたしますので、お困りの際はお気軽にお問い合わせください。

行政書士松浦法務事務所が提供する基礎知識

  • 行政書士

    行政書士

    ■行政書士とは 行政書士とは、行政書士法に基づく国家資格です。 そして、行政書士は官公庁に提出する書類...

  • デメリット

    デメリット

    ■弁護士のデメリット 弁護士は、行政書士の業務範囲に加えて、示談交渉や調停、裁判などを行うことができま...

  • 弁護士

    弁護士

    ■弁護士とは 弁護士とは、依頼を受けて訴訟、調停などの法律事務を処理する専門職です。 司法試験に合格し...

  • 弁護士と行政書士の違い

    弁護士と行政書士の違い

    ■弁護士と行政書士の違い ・行政書士 行政書士は、交通事故に関する依頼に対して、自動車損害賠償責任保...

  • 高次脳機能障害とは

    高次脳機能障害とは

    交通事故の怪我が原因で、その後遺症で自身の生活スタイルが以前に比べ全く違ったものになる方がいらっしゃる...

  • メリット

    メリット

    ■弁護士のメリット 弁護士は、交通事故に関する業務について、示談交渉や調停、裁判などを行うことができま...

  • 等級認定とは?

    等級認定とは?

    ■等級とは 後遺障害には、14段階の等級が設けられており、1級が一番重く、14級まで重い順番に並んでい...

  • 自賠責の限度額の先取り

    自賠責の限度額の先取り

    自動車事故が起きた場合の保険金の請求方法には2種類、被害者請求と加害者請求(事前認定)が定められていま...

  • 後遺障害再請求(いわゆる異議申立て)の方法

    後遺障害再請求(いわゆ...

    自賠責後遺障害認定によって満足のいく等級認定をされなかった被害者には不服申立手続きによって再度等級につ...

ページトップへ