06-6437-8506
電話対応
10:00-19:00

適正な等級認定には提出する書類が命

  1. 行政書士松浦法務事務所 >
  2. 後遺障害に関する記事一覧 >
  3. 適正な等級認定には提出する書類が命

適正な等級認定には提出する書類が命

後遺障害等級認定を申請するにあたっては、提出する資料がとても重要な意味を持ちます。
労災補償や自賠責保険との関係でも、等級が何かによって被害者が受けられる救済の額が大きく変わってきますので資料収集は慎重に進めましょう。

そもそも事故発生後、事前認定により任意保険会社の依頼に基づき後遺障害等級認定を行う場合には、自分で資料を集めた場合と比べて資料収集が甘くなることは否定できません。
なぜなら被害者の状態については任意保険会社よりも被害者の方が詳しいからです。

後遺障害等級認定の具体的な手続きとしては、まず医師の診断をうけて「後遺障害診断書」を作成してもらいます。
そして、それを加害者の保険会社に提出し、等級認定の請求をすることになります。
この診断書はその後、損害保険料率算出機構の調査事務局に回され、そこで「後遺障害別等級表」をもとに等級が認定されることになります。

このように後遺障害等級認定においては、基本的には「後遺障害診断書」1枚で等級を認定することになります。当然、この診断書のもつ意味はとても大きいものになります。
そのため、被害者としては医師の診断を受ける時にできるだけ正確に自身の症状を伝えることが何よりも大切です。
また、診断書1枚で判断できないと調査員が判断した場合には追加の資料としてレントゲンやその後の診断書の提出を求められることもあります。

行政書士松浦法務事務所では、尼崎市、神戸市、大阪市、京都市中心に全国どこでも相談を承っています。
後遺症障害、異議申立て専門の行政書士がその経験に基づいた見地から親身にご相談に乗らせていただきます。

行政書士松浦法務事務所が提供する基礎知識

  • 目に見えにくい後遺障害

    目に見えにくい後遺障害

    ■目に見えにくい後遺障害 目に見えにくい後遺障害は、いくつか代表的な例が挙げられるので、以下に紹介しま...

  • 手続の流れ

    手続の流れ

    ■障害等級手続きの方法 障害等級手続きの方法には二つの方法があります。 1つ目は自分で申請を行う被害...

  • 交通事故に遭ったらMRIは撮影すべき?タイミングも解説

    交通事故に遭ったらMR...

    交通事故に遭ってしまい、自身がけがを負った場合、程度にもよりますが早い段階で病院へ行くことが多いかと思...

  • 各種保険金・共済金の請求

    各種保険金・共済金の請求

    自動車事故が起きたときのために備えて加入するいわゆる自動車保険は日本では大きく2つにわけられます。 加...

  • 脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは

    脳脊髄液減少症(低髄液...

    脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)とは、頭蓋骨内部のくも膜・硬膜の損傷により脳を守る脳脊髄液が減少し、頭...

  • 後遺障害とは?

    後遺障害とは?

    ■後遺障害とは 後遺障害とは、適切な治療を受けても障害が治癒ないし、軽快せず、身体の不具合が将来にわた...

  • 交通事故の被害に遭ってしまったら

    交通事故の被害に遭って...

    ■交通事故の被害にあってしまったら ・保険会社に相談していませんか 交通事故の被害にあってしまったら...

  • 高次脳機能障害とは

    高次脳機能障害とは

    交通事故の怪我が原因で、その後遺症で自身の生活スタイルが以前に比べ全く違ったものになる方がいらっしゃる...

  • 自賠責の限度額の先取り

    自賠責の限度額の先取り

    自動車事故が起きた場合の保険金の請求方法には2種類、被害者請求と加害者請求(事前認定)が定められていま...

ページトップへ